山本美月と伊野尾慧が驚愕!和やかな撮影現場で起きた事件とは - ページ 2 / 2 - girlswalker|ガールズウォーカー
  1. girlswalker
  2. エンタメ
  3. 山本美月と伊野尾慧が驚愕!和やかな撮影現場で起きた事件とは

山本美月と伊野尾慧が驚愕!和やかな撮影現場で起きた事件とは

 

pg_001
■演じた役はどんな人柄ですか?
I:カイリは本当に優しいです。一歩離れた視点で物事をみたり、寂しさや切なさも持っているので普通の高校生よりかは大人びているのかなと思います。

記者:演じる時に意識したことは?

I:カイリの持つギャップがきちんとみえたらいいなと思いました。何より、映画を観ている人がカイリってちょっとおバカでチャラいけど、なんか好きだな可愛らしいかも。って思ってもらえるように意識して演じました。

記者:山本さんはももを演じてみて、どんな女の子だと感じましたか?

Y:天真爛漫で、喜怒哀楽がとても激しくて、なんでも全力で。カイリの持っている闇を包み込むような、太陽のような存在だと思います。

 

■お互いはどんな印象ですか?
Y:伊野尾さんは、THE・AB型のマイペース!
I:ちなみに僕、A型なんですけどね(笑)。
Y:すごくAB型っぽい!そして空気が読めない…?(笑)
I:いやいや、空気を読んで育って来たからね!真面目で几帳面で、そんなA型ですよ!
一同:笑!
Y:でも、伊野尾さんだけじゃなくて、みんなマイペースだったんです。
I:確かにまっけんと芽郁ちゃんはすごくマイペースだなって思ってたけど、まさか僕も思われていたとは思いませんでした。
Y:突然その話しする?って話とか多かったよ!
I:美月ちゃんは、現場では本当にしっかりしていて、いろんな人とコミュニケーションもとっていて、おちゃめで可愛い人だなと思いました。漫画とかアニメとかも好きなので、持ち物が変わってるんです。なんか幼虫みたいなモノつけていたり、しっかりしている一面に加え、チャーミングで可愛いなと思いました。

pg_003

■体を張った場面がたくさん!印象深いエピソードは?
Y:パンチラシーンで履く、パンツ選びをしました!
一同:笑!
Y:飛び蹴りするシーンがあるので「どれにする?」ってすごく真剣に選んだ記憶がありました。あとは、青春モノってすごい走るんですよ!私は走るのすごく苦手なんですけど…。
I:ももちゃんは特に多かったね。このあとまた走ってくる!みたいな。印象深いのは、冬の海が寒かったです。足湯を用意してくれたのですが、寒すぎて全身浸かりました。

記者:結構監督からもビシバシと体を張るシーンの指導があったのですか?

I:海では「波を待て」と言ってましたね。
Y:そんなに走らないからって言われつつ、めっちゃ走りました(笑)。

記者:監督は山本さんのガッツを褒めているそうですね。

Y:負けたくないんです。できないのが嫌なんです。

記者:劇中ではいろんな壁ドンもありましたね!

I:僕は、壁ドンをするのを楽しみにしてたのですが、3人にされて終わりました…。まっけんの壁ドンがパワフル過ぎて!どの壁ドンもドキドキしましたね。

 

■ご自身の高校生活はどうでしたか?
Y:こんなにキラキしている学校じゃなかったので、真逆の高校生活でした。全く恋愛もなかったので。映画で取り返しました!
I:僕も、全くキラキラしてなかったので、映画で体験できて良かったです。

pg_02

■お気に入りのシーンは?
Y:ラストの海のシーンはやっぱりピーチガールって感じでとっても綺麗で好きです。
I:オープニングの海も綺麗ですよね。音楽も素敵なんです。

記者:1番のキュンキュンシーンをあげるとしたら?

I:とーじとももちゃんがいい感じの時に、電気の紐がすごく絶妙に邪魔なんですけど、それが僕はドキドキしました。高校生ならではの恋愛がすごく伝わります。
Y:私は、とーじとカイリに両手を引っ張られるところは女子が羨むシーンじゃないかなと思います。とーじが「俺のだから」と言うセリフがかっこいいですね。
I:とーじかぁ…。
一同:笑!

pg_003

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

山本さん、伊野尾さんも「原作のファンも原作を読んでない人も十分楽しめる!」と太鼓判♪次はどうなっちゃうの?!と最後の最後まで、展開が読めないジェットコースターのように充実した爽快なストーリーはぜひ、劇場のスクリーンで!

 

 

Information

pg_01

『ピーチガール』
大ヒット上映中!

元水泳部の安達もも(山本美月)は、日焼けした色黒の肌や、塩素で色が抜けた赤い髪というギャル風な外見のせいで、周囲から「遊んでる」と誤解されてしまうが、中身は超ピュアな女子高生。ももには、とーじ(真剣佑)という中学時代からずっと片思いをしている相手がいた。ところが入学早々、学校一のモテ王子・カイリ(伊野尾慧)にとある勘違いから一方的にキスをされ学校中の噂に。一方、もものクラスメイトの沙絵(永野芽郁)は、色白で男ウケ抜群。でもその本性は、ももの欲しがるものを何でも手に入れなくては気が済まない最強最悪の小悪魔!ももがとーじを好きと知るや、横取りすべく巧みな作戦で次々とももを罠にかける。そんなももの絶体絶命のピンチを救ってくれたのは、もものピュアな内面を好きになったカイリだった。全くタイプの違う2人の間で気持ちが激しく揺れ動くもも。果たしてももが最後に選ぶのは――?

出演:山本美月、伊野尾慧(Hey! Say! JUMP)、真剣佑、永野芽郁、本仮屋ユイカ、水上剣星、升毅、菊池桃子
原作:上田美和『ピーチガール』(講談社「別冊フレンド」刊)
監督:神徳幸治

(C)2017「ピーチガール」製作委員会

2 / 2

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

ACCESS RANKING

アクセスランキング
  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

KEYWORDS

人気キーワード

PRESENT

読者プレゼント
ガル農園 ガル農園2019下半期 5000円でが~るずうぉーかー TGC富山2019 TGC19AW TGC北九州2019 TGC PREMIUM TOKYO GIRLS RUN