忙しい社会人だからこそ“LINE告白”が正解。成功させるコツは? - girlswalker|ガールズウォーカー
  1. girlswalker
  2. 恋愛
  3. 忙しい社会人だからこそ“LINE告白”が正解。成功させるコツは?

忙しい社会人だからこそ“LINE告白”が正解。成功させるコツは?

社会人になって告白をした経験はありますか?

告白と言えば、どういうものを想像するでしょうか。いつの時代にどの年齢で告白するのかによっても、告白の仕方が大きく変わってきますよね。

昔は直接会って告白するのが当たり前でしたが、最近は携帯電話の普及により、電話やメールでの告白、さらにスマートフォンの普及で、LINEなどのより気軽にコミュニケーションを取れるツールで告白する機会も増えていますよね。

それでもやっぱり、どんなに忙しくても、ちゃんと告白するなら会って直接するのが一番!と考える方も多いでしょう。でも実は、そんな人にこそLINEなどのツールを活用した告白が有効だということをご存じですか?

 

忙しい社会人だからこそ“LINE告白”が正解。成功させるコツは?

LINEで告白、はあり得ない?

LINEの利用者数はとても多く、直接会ったり電話をするよりもずっと気軽で手軽にコミュニケーションを取れる手段として、今やなくてはならないものですよね。ですが、やはり今でも多くの人が、告白は直接、顔を見ながら伝えたいと考えているようです。

しかし、直接本人に自分の想いを伝えられる人ばかりではありませんよね。面と向かって自分の気持ちを伝える自信がない人とっては、LINEはこの上なく便利なツールでしょう。

気持ちを伝える手段としては少し軽い印象に捉えられるかもしれませんが、ここを逆手に取れば、告白の返事がダメだったとしても友人関係を継続したい時など、LINEを使ったライトな告白のおかげで、そこまで気まずい思いをせずに元の関係に戻ることができる事もあります。

LINEで告白するということは、相手の反応が直接見れないというデメリットがあります。しかし、逆に考えれば、お互いに悲しい気まずい顔を見せなくて済むというメリットもあるんですね。LINEでの告白よりも、直接会って告白した方が良いという人は多数派ではありますが、二人を取り巻く状況によっては、LINEでの告白の方が向いていることもあるんです。

LINEでの告白は決してあり得ないものではなく、むしろ状況によっては敢えて選ぶべき手段といえるでしょう。

忙しい人こそLINEを活用!

告白の最大の目的は、想いを伝えること。なので、その内容がもちろん大事ではありますが、告白をするタイミングというのもまた、とっても大事なことです。相手が忙しい時や都合の悪い時に連絡がしてしまっては、煩わしく思われてしまったり、用件を急かされてしまったりと、とても告白をするような空気にはならないでしょう。

そういう時に、LINEには「未読・既読」という便利な機能がありますので、これを上手に活用したいものです。LINEを送り、未読の場合や、既読になっていてもスルーされている場合は、忙しくしていて返信をする時間がないということが予想できます。

これがメールの場合、相手がメールを読んでくれたのか、まだ読んでいないのかは、開封通知機能を付けない限り判別できません。返事が来るまで居ても立っても居られず何度も相手に確認メールをしてしまい、結果的にしつこく思われて失敗・・・なんて結果になりかねませんよね。電話も同様に、折り返しを待つ心の余裕が無ければ相手が電話に出てくれるまで何度も掛け続けるしかありませんので、告白する前から重い空気になってしまうでしょう。

その点、LINEでは相手の状況を察しやすいので、タイミングを見ながら告白できそうな雰囲気に持っていくことができることでしょう。

社会人がLINEで告白を成功させるコツとは

タイミングを見計う

LINEを送るタイミングというのは、本当に大切です。

送る時間をしっかり考えなかったために、告白内容がどれだけ良くても、相手をイライラさせてしまうこともあります。特に寝ている時など、自分がされて嫌な気分になる時間帯は避けた方が良いでしょう。

また、相手が忙しい時もNG。そんなタイミングにLINEをしてしまうと、パッと用件だけ確認して返信を後回し、もしくは忘れられてしまうこともあり得ます。相手が誰かと一緒にいると分かっている場合も避けた方が無難です。

ベストなのは、相手が一人でリラックスしているであろう時間帯。きっと心に余裕がある状況ならあなたの真剣な話をじっくり考える時間が取れて、前向きに考えることもできるでしょう。

ストレートに好意を伝える

「好き」という言葉を言われて嫌な気分になる人はいません。むしろ、今まで何とも思っていなかった人だったとしても、「好き」と言われれば否応なしにドキッとするものです。結果はどうであれ、相手をドキドキさせるきっかけになることは間違いないでしょう。

逆に「好き」という言葉を言わずに告白をしてしまうと、言い方次第では、抽象的すぎて相手にハッキリ伝わらない可能性があります。なんて返せばいいのか分からない文章になってしまうと、返信に困るものです。また、告白されていることすら、分からない場合もありますので、「好き」という直接的な言葉が恥ずかしい場合は、ちゃんと気持ちが伝わる言葉を選びましょう。

そして、気持ちを伝えるだけだと自己満足で終わってしまいますので、もしお付き合いをしたい場合は、その旨をはっきり伝えることが大事でしょう。

焦って早く伝えようとしない

自分の気持ちを伝えるのに、スピードは必要ではありません。せっかく告白する機会を得たのに、焦ることであなたの気持ちをうまく伝えられないなんて、そんなに勿体ないことはありませんよね。

また、焦りというのは相手にも伝わるものです。相手もじっくり前向きに考えたいと思っていても、焦らされると窮屈に感じてしまうんです。あなたのことが気になってはいるものの、引き延ばすのも悪いし、待たせるくらいなら断ろうと思ってしまうかもしれません。また、もし相手があなたについて今まで特別な感情を持ってはいなかった場合は、さらに心の整理をするのに時間が必要になることでしょう。

告白する側はドキドキし、早く相手の気持ちが知りたくて焦ってしまいがちですが、決して焦らず心に余裕を持って気持ちをつたえるよう心掛けたいものですね。

丁寧語でまじめに

今までは軽いノリを楽しむの友達としての間柄だったとしても、もしあなたが告白を期に真剣な付き合いをしたいと考えているのなら、ちゃんとまじめに丁寧な言葉で気持ちを伝えた方が良いでしょう。

特にLINEでの告白となると、相手は文面だけを見ることになります。例えば、「ほんと好き♡」と「本当に好きです。」の2つの文面を見比べてみるとどうでしょう。「です」が付くだけで、普段のやりとりとは一線を画す感じがしませんか?同じ内容の言葉でも、まじめで丁寧な言葉で伝えるだけで、ちゃんと真剣なのだと相手に伝わるものです。

そして、相手も真剣なあなたの想いに誠実に答えようとしてくれるはず。せっかく告白するのであれば、できる努力はすべてしたいですよね!

 

忙しい社会人だからこそ“LINE告白”が正解。成功させるコツは?

おわりに

LINEでの告白についてご紹介してきましたが、いかがでしたか?

直接会って想いを告白するよりも一見軽い印象を受けますが、告白の方法一つだけを取り上げて気持ちの重さを計ることはできませんよね。社会人のような忙しい人の立場からすれば、わざわざ会う時間を作って告白されるよりも、自分のタイミングで検討して返答することができるLINEでの告白の方が喜ばれることもあります。

それに、LINEでの告白は、二人の恋がスタートした思い出の記録として、いつでも見返すことができます。忙しい二人にこそ、お付き合いのきっかけとして、LINEでの告白はいかがでしょうか♡

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

ACCESS RANKING

アクセスランキング
  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

KEYWORDS

人気キーワード

PRESENT

読者プレゼント
ガル農園 ガル農園2019下半期 TGC富山2019 TGC19AW TGC北九州2019 TGC PREMIUM TOKYO GIRLS RUN