King & Prince永瀬廉、関ジャニ∞大倉忠義からの言葉で決心したコト 「僕らもやらなアカン」 - girlswalker|ガールズウォーカー
  1. girlswalker
  2. エンタメ
  3. King & Prince永瀬廉、関ジャニ∞大倉忠義からの言葉で決心したコト 「僕らもやらなアカン」

King & Prince永瀬廉、関ジャニ∞大倉忠義からの言葉で決心したコト 「僕らもやらなアカン」

映画『うちの執事が言うことには』が、2019年5月17日(金)より、全国にて公開されます。

本作は、ミステリー小説『うちの執事が言うことには』を待望の実写映画化。同小説は、2014年3月に角川文庫にて刊行されるや、その個性豊かで魅力的なキャラクター達が織りなす独特の世界観が支持され、瞬く間に9巻までシリーズ化された、累計発行部数110万部を超える人気作品です。

s-メインカット9A3A3870_11

主人公の名門・烏丸家第27代当主の烏丸花穎役には、King & Princeの永瀬廉が抜擢。世間知らずながら頭脳明晰、特別な色彩感知能力を持っているという個性溢れるキャラクターを、映画初主演ながら繊細に演じています。
永瀬演じる花穎の新執事・衣更月蒼馬役は、雑誌『MEN’S NON-NO』のモデルとして活躍しながら、現在放送中のNHK連続テレビ小説『なつぞら』へも出演中の若手注目俳優、清原翔が熱演。

girlswalkerでは、そんな話題作の出演者インタビューを、全4回のリレー形式で連載中。ラストを飾るのは、主演の永瀬廉さんのインタビュー。初主演で演じ思い入れが強い“烏丸花穎”について、また自身やKing & Princeについてまで、率直にお話ししてくださいました。そんな素直な永瀬さんの姿は、まさに花穎のよう……リレーインタビュー最終回、どうぞお楽しみください♪

s-【サブ③】0519s_9A3A2273

花穎との共通点や清原さんとの“名コンビ”ぶりを明かす

――初主演映画ということで、プレッシャーは感じられましたか?

「一番上に名前がくるわけじゃないですか。そういう意味では責任感を持って演じきろうと思いました。でも『花穎と似てるね』と色んな人から言われていて、自分自身でもそれは感じていたので、花穎を演じるということに対してのプレッシャーはそんなに……。役には入りやすかったです」

――花穎とご自身の似ているところとは?

「人を大事にするところ。僕も絆や情を大切にしたいといつも思っているので。あとは、不器用なところや少しワガママな部分も似ています。監督からは、ワガママなだけじゃない、愛される、そして人を大切にする、辛い過去があったにも関わらず人に優しくできる強さを持っている、そういうところを大事に演じて欲しいと言われていました。僕も(台本を)読んでいてそう思いました」

――花穎と執事・衣更月の“不本意コンビ”が物語の軸となっていますが、実際の永瀬さんと清原さんの関係は…?

「“名コンビ”ですね。翔くんが僕に合わせてくれていると言っているんですけど、僕はそうは思ってなくて(笑)。翔くんの面白い、ちょっぴりお馬鹿部分を感じた時に、それを弄って弄り返されて、突っ込んで突っ込み返されて、みたいなそういうことがめっちゃ多かったんです。映画では“不本意コンビ”やったけど、裏ではコンビネーションが合った気がします。なので“名コンビ”。翔くんは、兄貴みたいな、お兄ちゃんみたいな感じでした」

s-【サブ①】0607s_9A3A0639

――永瀬さん自身が最近感じた、不本意なことって何かありますか?

「洋服屋に買い物に行って、自分の好みの物がない時に、店員さんが来て『これ、めっちゃ良いですよ』って言ってきた時(笑)。それは値段が高かったので、『他にも似合いそうなのないですか?』と聞いて、とりあえずTシャツを買ってしまったんですけど……不本意でしたね(笑)。最近シンプルめの服が良いなって思うようになっていたところ、すごく柄が多いデザインで。のせられました(笑)。なので、『安めなやつで』って言ってそのTシャツを買いました(笑)」

――花穎のような特殊能力が手に入るなら、どんな力が欲しいですか?

「寝なくて良い能力。何かで見たんですけど、一生で寝る時間って何十年にもなるらしいんです。シンプルに『もったいない!』と思って。その時間に何かしらしていたいなぁと。仕事に生かせる何かもできるやろうし、自分の好きなことやストレス発散もできるし。夜はインドアやから、録画してたドラマとかバラエティを観たり、ソファで寝ながら動画サイトを観たりしたいですね。あと、最近太ったなって思ったので……鍛えたいです」

印象に残っている言葉は? ジャニーズの先輩に相談することも!

――前執事・鳳からの言葉を心に留めている花穎ですが、永瀬さん自身にも先輩から言われた印象に残っている言葉はありますか?

「佐藤アツヒロさん(光GENJI)からの『本番は80%、90%で良い』という言葉ですね。出演している番組にアツヒロさんがゲストでいらした時に『どうしても本番は緊張してしまうんですよね』と相談して。アツヒロさんはどうしてたんだろうと思って聞いてみたのですが、『力みすぎちゃうと上手くできなくなるから、本番は少し力を抜いたくらいでやって、でもリハーサルは全力でやれ』と。なるほどな、と考えさせられました。その言葉を聞いて、新曲の歌番組の収録の時にその方法を早速活用しました。良い意味でちょっと力を抜いて」

――自分から先輩へ相談されるタイプなんですね。

「グループの相談は、関ジャニ∞の大倉(忠義)くんにすることが多いです。グループ内での話し合いをもっとしろと言われました。King & Princeって話し合いとかあまりしなくて、そういう関係性が普通だと思っていたのですが、他のどのグループもちゃんと話し合っていると言っていました。これは僕らもやらなアカンなと思って、グループの方向性だったり、今後どうしていきたいかについて改めて一回話し合おうと。僕からメンバーに声を掛けています」

――先輩も含め、永瀬さんが人間関係で大事にしていることは?

「自分から喋り掛けること。歌番組とかで先輩に会ったら『ご飯連れてってくださいよ』、『最近、どんなことしているんですか?』とか、できる限り自分から積極的に話し掛けるようにしています」

次ページ:「感謝したい人トップ3は、大学の親友、母親、メンバーの岸優太!」

1 / 2

    アクセスランキング

    • DAILY
    • WEEKLY
    • MONTHLY

    ACCESS RANKING

    アクセスランキング
    • DAILY
    • WEEKLY
    • MONTHLY

    KEYWORDS

    人気キーワード

    PRESENT

    読者プレゼント
    ガル農園 TGC富山2019 TGC19AW TGC北九州2019 TGC PREMIUM TOKYO GIRLS RUN