King & Prince神宮寺勇太、初出演映画の撮影で極限状態に「食堂で1人、涙が出そうに」 - girlswalker|ガールズウォーカー
  1. girlswalker
  2. エンタメ
  3. King & Prince神宮寺勇太、初出演映画の撮影で極限状態に「食堂で1人、涙が出そうに」

King & Prince神宮寺勇太、初出演映画の撮影で極限状態に「食堂で1人、涙が出そうに」

映画『うちの執事が言うことには』が、2019年5月17日(金)より、全国にて公開されます。

本作は、ミステリー小説『うちの執事が言うことには』を待望の実写映画化。同小説は、2014年3月に角川文庫にて刊行されるや、その個性豊かで魅力的なキャラクター達が織りなす独特の世界観が支持され、瞬く間に9巻までシリーズ化された人気作品です。

s-メインカット9A3A3870_11

主人公の名門・烏丸家第27代当主の烏丸花穎役には、King & Princeの永瀬廉が抜擢。世間知らずながら頭脳明晰、特別な色彩感知能力を持っているという個性溢れるキャラクターを、映画初主演ながら繊細に演じています。
永瀬演じる花穎の新執事・衣更月蒼馬役は、雑誌『MEN’S NON-NO』のモデルとして活躍しながら、現在放送中のNHK連続テレビ小説『なつぞら』へも出演中の若手注目俳優、清原翔が熱演。

さらに、名門・赤目家の御曹司である赤目刻弥役を、永瀬と同じKing & Princeの神宮寺勇太が演じます。

9A3A2082s

girlswalkerでは、そんな話題作の出演者たちのインタビューを、全4回のリレー形式で連載中。第2回目は、大学生企業家を演じた神宮寺勇太さんを取材。主演の永瀬さん同様、King & Princeとして活躍する彼は、本作が映画初出演。そんな現場で奮闘されたリアルなエピソードをお届けします。

自身とは真逆な赤目を演じた心境を明かす

――完成作を観た感想は?

「ドラマだったら家で観られるけど、みんなで試写するから恥ずかしかったですね(笑)。緊張したし、地獄でした。大画面で観るのはやばかった……1人で観たかったです。永瀬と(清原)翔くんと一列に並んで静かに観ていました」

――原作を読まれたそうですが、赤目を演じることに対して何か感じましたか?

「ストーリーの鍵を握っているので、正直『やべぇ』と。でも、自分に任せてくれたので、やりきろうと思いました。赤目は、すごく親しみやすいんでしょうね。良い意味で角がなくて、笑顔で怖いことをさらっと言うし、怒る時も冷静に怒るタイプ。でも、どこか『あれ?』っていう時があるのが赤目。『あれ?』を出すタイミングが難しいと思ったのですが、そのポイントは台本を読んだ時にわかったので、できましたね」

――赤目さんとご自身に共通点はありましたか?

「結構冷静なところですかね、自分で言うのも恥ずかしいですけど。そこ以外に逆に赤目に似ているところはないですね。会ってすぐにハグもしないですし、できないです。そこ困りました。『えっ?』って。僕、初対面の人に握手もできないですもん。羨ましくはありますけど」

――自分と真逆な役を演じるのは、いかがでしたか?

「やりやすかったです。僕という存在も、テレビで観たらKing & Princeというキャラクターっていうか、神宮寺勇太という人間なので。もし自分と似ている役柄を作品で演じたら、それとKing & Princeの神宮寺勇太が一緒になってしまうから難しいです。自分と似た役を演じているときに自分で観ると、自分では『素とはここが違うよ』と思うのですが、観ている人からすると一緒になってしまって、伝わらないんですよね……」

――赤目は大学生企業家ですが、神宮寺さんがオーナーをするなら?

「ハンバーガー屋さん。密かな本気の夢ですよ。そんなハンバーガーは食べないし、行ってもコーヒーしか飲まないけど、雰囲気が良いし、ハンバーガーを食べている人を見るのが好きで。
赤目は、極一握りの存在。相当なやり手だと思いますし、憧れますよ。どうせなるんだったら、社長になりたいですもん。大学生では無理だと思うけど、(ジャニーズ事務所に入っていなかったら)いつかは目指していたと思います」

クライマックスシーンの前夜は眠れなかった…その理由とは?

――最後のシーンはかなり撮り直しされたという話を伺いました。

「本当にこの作品において大事なシーンだったので、覚悟はしました。僕は何回でもやろうと心に決めてましたけど、さすがにテイクを重ねていくうちに最後の方は意識が遠のいていきましたね。『やばい』って。気持ちは切れなかったけど、僕自身の集中力との戦いでした。2時間くらいかかったので、意識が遠のいたら呼び戻して、台詞も長かったので大変でした」

――その撮影前日に、台詞が増えたそうですね。

「10行くらい増えて、ちょっと難しい言葉があったので入ってくるまでに時間がかかりました。家でも緊張しすぎて寝れなかったです。覚えているか不安で。読んでみると覚えているんだけど、意外と明日飛んじゃう気がするなーって不安で、ずっと読んでました。最後のクライマックスシーンの時は、現場では誰とも喋らなかったし、ご飯も1人で食べに行きました。1人にさせてくれっていう意味合いを込めて。食堂で1人、寂しかったですね……切なかった。そこで涙が出そうになりました」

――本作は俳優として成長された作品だと思いますが、神宮寺さんが尊敬している俳優の先輩は?

「木村拓也さん。先日『マスカレード・ホテル』を観て、ミステリーだから系統がこの作品と似てるなって。木村さんは、どこかでアドリブをやったりしているんですけど、それを探すのが自分の中での楽しみになっています。気になるところがない、全てがナチュラルな芝居が自分は好きですね。この人は、俺のお父さんと同世代なのか……とお父さんを見ちゃいます、不思議な気持ちで(笑)」

次ページ:撮影を通して見た、King & Princeメンバー、永瀬廉の姿

1 / 2

    アクセスランキング

    • DAILY
    • WEEKLY
    • MONTHLY

    ACCESS RANKING

    アクセスランキング
    • DAILY
    • WEEKLY
    • MONTHLY

    KEYWORDS

    人気キーワード

    PRESENT

    読者プレゼント
    ガル農園 TGC富山2019 TGC19AW TGC北九州2019 TGC PREMIUM TOKYO GIRLS RUN